ヘアカラー大辞典

ヘアカラーを自分ですれば、比較的安い値段でヘアカラー剤を購入することができるので、美容院代を節約することができます。

ヘアカラーを自分ですれば、比較的安い値段でヘアカラー剤を購入することができるので、美容院代を節約することができます。

もちろん、プロの手でヘアカラーしてもらうことに比べれば、仕上がりの良さは落ちてしまいますが、でも、ヘアカラーをするコツなどを調べて、きちんと染めれば、それなりに髪をきれいにすることができます。

まずは、ヘアカラー剤を用意します。

今はカラーバリエーションも増えているし、薬剤のタイプも色々あるので、じっくりどれが良いか検討してみましょう。

初心者の方には、垂れにくく、見えない箇所も染めやすい泡タイプなどがお勧めです。

髪が長い人は一箱だけではなく、二箱準備しましょう。

途中で足りなくなってしまっても足すことができません。

ヘアカラー剤を準備したら、早速染めていきましょう。

自分でヘアカラーをするというのは結構大変な作業になります。

服は脱げる様に汚れても大丈夫な前開きの服に着替える、床や壁にヘアカラー剤が付かない様に新聞などで覆う、ヘアクリップ、鏡、コーム、手袋、時計を用意する、髪の生え際や耳などにコールドクリームを塗るなどの準備をします。

ヘアカラー剤は時間をかけすぎないでスムースに塗布していきましょう。

付け始めの箇所と終わりの箇所での放置時間が大きく異なってしまうからです。

頭皮に近い根元の髪は体温で温かいので染まりやすくなっています。

染まりにくい箇所には多めに塗布する様にしましょう。

また、ヘアカラーは染めた後のケアも重要です。

どのようにケアすべきかは知られざるヘアカラーの世界に詳しく書かれていましたので参考にして下さい。

折角染めたのですから、少しでも長く、美しく保てるようにしましょう。

Comments are closed.

ヘアカラー大辞典 - ヘアカラーを自分ですれば、比較的安い値段でヘアカラー剤を購入することができるので、美容院代を節約することができます。.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top